FC2ブログ

青い森の散歩道♪

春発見!  

3月29日に青森市の積雪がついにゼロになりました♪

去年に比べて6日早いんだとか…。

今年の冬はここ数年に比べたら雪がだいぶ少なく、比較的雪かきも楽だったんですが、3月に何度か
季節はずれの大雪に見舞われ、なかなか雪融けが進みませんでした。

ようやく春が来た!ということで、近所の野山に春を探しに行ってきました。

まずは、福寿草です。鮮やかな黄色の花が春の日射しを受けてとてもきれいです。
しかし、福寿草っていかにも縁起がよさそうな名前ですね。

20140329福寿草

続いて、マンサクです。
子どもの頃住んでた自宅の裏山にマンサクの木がたくさん生えていて、いまの時期、この花を見つけると、
子ども心に「春が来たんだなあ~」って嬉しく感じたものです。
なので、いまでもこの可憐な花が大好きなんですよ。

20140329まんさく

ネコヤナギも硬い殻を脱いで、芽を出していました。
ネコヤナギって猫の尻尾に似ているので、この名前になったんだとか…。
ふわふわの毛に覆われ、ほんとに暖かそうです。

20140329ねこやなぎ

ふきのとうも発見♪
それまでの雪で覆われた真っ白な世界から、黄緑色のふきのとうの芽を見つけると、本当に春を感じます。
ふきのとうは天ぷらにして食べてもおいしいです。まさに、春の香りと言った感じです。

20140329ふきのとう

スポンサーサイト



夜越山森林公園  

3月中旬というのに、なかなか雪が融けませんね~。

一足先に春を感じに平内町の夜越山(よごしやま)森林公園に行ってきました。
(というか、隣接する「よごしやま温泉」に行ったついでに、ちょっと立ち寄ったんですが…)

ここには300坪のサボテン温室、100坪の洋ラン温室・ベゴニアの温室があり、1年中南国気分を味わえるんですよ。
いまは「洋ランまつり」が開催され、賑わっていました。

いつもは午後4時30分で閉館なんですが、まつり期間中は午後8時まで開館していて、ライトアップされた洋ランが
楽しめます。

20140316洋ランまつり2

20140316洋ランまつり1

20140316洋ランまつり4

20140316洋ランまつり8

20140316洋ランまつり6

20140316洋ランまつり3

洋ランってほんとに多種多様で、花の形も不思議です。

実は、「誕生月の蘭」というのもあるんだそうです(初耳です)。
ちなみに、これが7月生まれの人のランで、「パフィオペディラム」という名前だそうです。
花言葉は「変わりやすい愛情」とのこと。思わず笑っちゃいました。

20140316洋ランまつり9

園内ではいろんな種類のサボテンも見られるんですが、いつか掲載したいと思います。
サボテンの花も可憐ですよね。
園内では、バナナも発見しました♪

20140316洋ランまつり7

「洋ランまつり」は3月23日(日)まで開催されます。ぜひ、ご覧くださいな。詳しくは、こちらを↓

http://www.town.hiranai.aomori.jp/index.cfm/7,1323,html









冬の八甲田  

今日は天気が良かったので、八甲田までドライブしてきました。

萱野高原から見た八甲田連峰の山並みです。

20140309八甲田1

上の写真の左端にある前岳を望遠で撮って、トリミングしてみました。たくさんの樹氷が見えます。
よく見るとスキーやスノーボードのシュプールも見えるんですが…、画質を落としているので無理かな?
八甲田のスキー・スノーボードはこれから5月上旬のGWにかけてが本格シーズン。
今日は天気が良かったこともあり、ロープウェーの駐車場には県外ナンバーの車もたくさんとまっていました。

20140309八甲田2

こちらはホテル城ヶ倉です。ヨーロッパ風のとてもおしゃれなホテルです。
八甲田と言えば酸ヶ湯温泉が有名ですが、ここにも温泉があります。
私はここの露天風呂が大好きなんですよ。春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、いまの季節はきれいな雪景色を
眺めながらの温泉は最高です。
11:30~16;00の間であれば、日帰り入浴も可能なんですよ(受付は15:00までです)。

20140309ホテル城ヶ倉

酸ヶ湯温泉のすぐ近くにある地獄沼です。
ここは沼の奥の方から温泉が湧き出ていて、冬でも凍りません。奥の方ではもうもうと湯気が出ているんです
が、写真では分からないかな?

20140309地獄沼

地獄沼後方の真っ白な山は硫黄岳かな? 手前の木々とのコントラストがきれいでした。

20140309地獄沼2







冬の十和田湖  

今日からいよいよ3月です♪
今週はこの時期にしては珍しく穏やかな天候が続き、雪かきから解放された1週間でした♪
この調子だと、今年は春の訪れが少し早いかもしれませんね。
まだ油断大敵ですが…(^^;

先日、十和田湖に行ってきました。
青森市から十和田湖に行くには、雪深い八甲田を山越えをして行くことも可能なんですが(青森駅からJRバスが
運行されています)、今回は自分の車で行ったので雪道は避け、みちのく有料道路→十和田市→十和田湖のルートで
行ってきました。
道路にはほとんど雪がなく、片道約2時間半でスムーズに行ってこられました(^^)

今週は暖かかったとは言え、さすがに標高400mの十和田湖は湖面の一部が氷で覆われていました。

20140225十和田湖1

とは言っても、十和田湖は湧き水でできているので、どんなに寒くても全面結氷することはありません。

桟橋付近では、白鳥がのんびり泳いでます。以前はもっとたくさんいたんですが、鳥インフルエンザの関係で餌やりを
やらなくなったので、いまはこんな感じです。でも、これが本来の自然な姿なんでしょうけどね。

20140225十和田湖2

こっちは子ノ口側の湖岸です。波で氷が砕けています。これって、、、シェーク状態!?(笑)

20140225十和田湖3

よくみると、あちこちに氷の造形美を発見♪

20140225十和田湖4

20140225十和田湖5

20140225十和田湖6

湖岸の枝や雪が波に洗われ、こんな不思議な形が作られるんですね~。

こちらは十和田湖に行く途中の奥入瀬渓流で撮ったもの。小さな滝が凍って、巨大なツララ状態に…。
水色に輝いていて、とてもきれいでした。

20140225十和田湖7

近くに行くと、氷の中を水が流れる音が聞こえます。とても神秘的ですよ。

冬の十和田湖、静寂の中にモノクロの幻想的な世界が広がっていて、グリーンシーズンとはまた違った趣がありました。



▲Page top